|お問合せ|サイトマップ

HOME > 同志社山手病院 > 外来のご案内 > 小児科 

同志社山手病院 updated 2020-6-19

「信頼の医療で、お子さまの健やかな成長をサポートします」

診療の特色

 当院小児科は外来診療のみですが、地域の患者様の小児疾患、予防接種、育児相談などは勿論のこと、皮膚科、耳鼻科、泌尿器科など境界領域の疾患についても、できる限り対応いたします。いわば小児に関するあらゆる診療や相談に対応する「小児総合診療科」です。
 入院治療を要する状態の場合は、関連施設である京都田辺中央病院へ責任をもって紹介いたします。
 月曜日から土曜日まで毎日外来診察を行っております。
 主に近江園善一院長が外来を担当していますが、毎週火曜日は同志社女子大学特任教授、京都府立医科大学名誉教授の細井創先生が外来担当となります。
 WEB診療順番予約システムを整えておりますので、比較的待ち時間なくスムーズに診療を受けていただけるよう配慮しています。

診察日

午前
午後
*午後は予約制となっております。

担当医

役職 院長・小児科部長
氏名 近江園 善一(おおみぞの よしかず)
出身大学 京都府立医科大学 京都府立医科大学医学博士
専門分野 小児科全般
小児アレルギー(特にアトピー性皮膚炎)
専門医等 日本小児科学会専門医
所属学会 日本小児科学会
日本小児アレルギー学会
日本アレルギー学会
日本小児がん学会
日本小児神経学会
日本子ども虐待防止学会

患者様へ

 私は京都田辺中央病院の小児科部長として、長年救急疾患を含めた小児疾患を幅広く診療してまいりました。
 専門分野は、食物アレルギー、喘息などのアレルギー疾患で、中でも湿疹(アトピー性皮膚炎)は保護者とのコミュニケーションを大事にした治療で実績があります。
夜尿症治療も約20年近く前から行っており、治療経験が豊富ですので、お困りの患者さまは気軽にご相談ください。
 生後2か月頃に大きくなることが多い臍ヘルニアは経過観察とされることも多いですが、早期にきれいに治せる圧迫療法も20年近く前から他に先駆けて開始し、ほぼ100%治癒しています。
 また、皮膚科、耳鼻科、泌尿器科など境界領域の疾患でもできる限り対応いたします。あらゆる小児疾患全般は勿論のこと、予防接種のご相談についても応じています。
 一方で、当院で治療が難しい場合は、関連施設である京都田辺中央病院などの専門医に紹介いたします。
私は、月曜、水曜、木曜、金曜、土曜の午前診(受付時間8:20~11:30)、月曜、水曜、金曜の午後診(受付時間13:30~16:30 ※予約制)を担当しております。
 緑豊かなこの地域のお子さんが、明るく健康に過ごせますように、これまでの経験を生かしたお手伝いができれば大変嬉しく思います。