|お問合せ|サイトマップ

HOME > 同志社山手病院 > 外来のご案内 > 内科 

同志社山手病院 updated 2020-6-19

「総合診療医として、どのような病気にも初期対応します。

患者様中心の医療を、責任をもって実践します。」

診療の特色

地域住民の主治医として、安全・安心のプライマリ・ケア(‘健康のための予防と見守り’と‘疾病に対する気づきと初期対応’)を果たしていきます。当科では、プライマリ・ケアの5つの理念に基づき、主に、内科疾患の初期診療を担当します。

【プライマリ・ケアの5つの理念】

  • 近接性:地理的・時間的・精神的にも、患者様に近い存在となる
  • 包括性:予防から治療、リハビリテーションまで幅広い年齢層の患者様に対応する
  • 統合性:患者様と専門医・多医療職との間の架け橋としての立場で、チーム医療を協調し推進していく
  • 継続性:病気のときも健康なときも寄り添い、ニーズに応じて外来→病棟→在宅のマネジメントをする
  • 責任性:患者様への十分な説明と同意(インフォームドコンセント)を行い、医療への安心を提供する

これが、プライマリ・ケアの5つの理念と呼ばれるもので、当科が担う「患者様中心の医療」を行っていく上での基本方針となっています。

診療内容

一般内科外来としての当科が担当する疾病・症状は多岐に及びます。
具体的には、痛み、発熱、むくみ、咳や息苦しさ、皮膚の発赤や湿疹、便秘・下痢、吐き気、めまい、認知力の衰え、疲労感、ストレス、眠れない、不安や焦燥感、などなど・・・患者様にとって、先ずどの専門科の受診をしたらいいのだろうか?と、つらくてしんどい時に、余計に気まで滅入ってしまわれるケースもあるのはないでしょうか?
当科は、患者様やご家族様と最初に接して初療を担当し、全体を把握して、個々の問題を的確に判断して適切な指示、緊急に必要な処置を行い、専門性の高い疾病に対しては急性期病院の専門科医師への委託を行い、また継続的な健康の保持および慢性疾患の継続的な治療とリハビリテーションについて、いわゆる主治医として、多医療職と連携して「チーム医療の旗振り役」、「健康維持のためのゲートキーパー役」という役割を担ってまいります。

診察日

午前
午後
*午後は予約制となっております。

担当医

役職 内科医長
氏名 酒井 久司(さかい ひさし)
出身大学 兵庫医科大学
専門分野 内科救急初期診療、プライマリケア、蘇生学
専門医等 日本プライマリケア連合学会認定医・指導医
日本蘇生学会指導医
日本救急医学会 ICLS コース ディレクター
日本救急医学会 ICLS コース ワークショップディレクター
JMAT 隊員
所属学会 日本内科学会
日本プライマリ・ケア連合学会
日本救急医学会
日本蘇生学会

患者様へ

 私は複数の急性期病院そして京都田辺中央病院において、長年に渡り救急医療・総合診療に従事してまいりました。
 また救急蘇生や災害医療などにも深く係わっており、被災地での救護医療活動や蘇生講習の開催などを「自身のライフワーク」として行っています。
 そんな私ですが、「プライマリケアって何ですか?」「先生、何を専門にしているお医者さん?」と、よく患者さんやご家族から尋ねられます。
 一言では難しいですが、私は「見て、聞いて、感じる総合診療医」を目指して診療にあたっています。

 つまり、どのような病気にも初期対応して、病気の背景にある問題を探りながら、日常よく遭遇する症状や状態に対して、丁寧に真摯に向き合い、患者さんの気持ち、ご家族の事情、地域の特性を考慮しながら、カラダとココロをバランス良くケアし、継続したパートナーシップを築き、各専門医やそのケアに関わる多くの職種の方々と協力して、地域のネットワークを創り、十分な説明と情報の提供を行うことで、エビデンスに基づく患者さん中心の医療を責任をもって実践していく。
 これが私の信条です。

 各種健診も担当しておりますので、「どの科を受診すればよいかわからない」「自分は健康なのだろうか」などとお悩みの方や、「こんな症状で病院を受診してもよいのかしら?」と迷われている方も、是非私の外来にお越しいただければと思います。