地域医療研修について

当院は臨床研修関連病院です。

 当院では京都府立医科大学付属病院、京都第一赤十字病院の初期研修医の臨床研修関連病院として、主に地域医療の研修を行っております。
当院は京都山城地区の地域医療を担う基幹病院の一つであり、多職種協働を高度なレベルで実践しております。当院での地域医療研修ではリアルワールドの救急医療、在宅医療の研修のみならず、回復期リハビリテーション病棟における回復期リハビリテーションの実際を研修することや、実際の服薬指導や栄養指導に参加する研修、在宅医療に関連する社会的な問題を解決する医療ソーシャルワーカーの業務を経験する研修も行っております。
これらの研修を通じて研修医は医師として経験して理解することが必要な医療に携わる多職種の考え方、豊富な臨床経験に裏打ちされた実際的ノウハウを体験することができます。
当院では医療に携わる多業種を統括して患者様のための全人的な治療が施行できる医師を養成することを目指して充実した臨床研修を病院と関連施設一丸となって取り組んでまいります。研修医の積極的な参加を期待しております。

プログラム内容

  • 1.

    外来患者を担当し、診療に参加する(New!)

  • 2.

    入院患者の受持医となり、指導医と共に処置・検査・手術等に参加

  • 3.

    地域医療への参加(慢性機・回復期医療、在宅・診療所診察、訪問看護等)

  • 4.

    チーム医療への参加、福祉・介護制度の研修・体験

  • 5.

    その他、地域医療に関係する研修

全体のコンセプト

リアルワールドの地域医療を学ぶ

研修目標

  • 座学ではなく、実地研修を主として行う。

  • 各希望専門科の地域での実情を研修し、未来の希望科への展望が開けるようにする。

  • 各科にて必要となる、回復期リハビリテーションの詳細についての研修を通じて、
    在宅復帰ということがどういうことか理解し、その問題点を把握する。

  • 在宅、訪問診療を通じて全人的医療について研修し、地域医療のノウハウを知る。

  • 他職種協働の研修を行い、薬剤指導・栄養指導・NST・退院支援などの活動を理解して、
    その全体を統括する医師としての心構えを醸成する。

研修スケジュール

《内科》

《外科》

《小児科》