在宅診療センター

近年では国の方針として「「地域包括ケアシステム」の構築が推進されています。この「地域包括システム」とは、人々が可能な限り住み慣れた地域で、自分らしい暮らしを続けることができるよう整備される、地域の包括的な支援・サービス提供体制のことを指します。
当院におきましても地域のニーズに鑑み、在宅診療(訪問診察)を実施しております。
現在は内科系を中心とした体制で、訪問看護・訪問介護・医療介護支援センターとも連携しながら、在宅療養が必要な患者様に対して医師がご自宅へ伺って診察をおこなっております。
訪問診察に関するご相談については、当院へ直接ご相談いただくか、ケアマネージャー様などを通じてご連絡をいただく形でも承っております。

◯担当医

在宅診療センター長

大川和春

京都府立医科大学医学博士

出身大学:京都府立医科大学(昭和36年卒)

専門分野:耳鼻咽喉気管食道科、頭頸部外科

専門医等:気管食道科永久専門認定医、頭頸部外科専門医

平成2年10月 開業(17年間)

平成19年4月 当法人介護老人保健施設やすらぎ苑施設長に着任

平成29年〜現在 罪悪診療センター長、社会福祉法人やすらぎの杜を兼務