消化器がんセンター

京都田辺中央病院消化器がんセンターは地域の皆様に安心して消化器がん治療を受けていただくことを目的として昨年開設されました。患者さんにとってより良い治療を模索するために、今までの枠組みではなく多職種がチームとなり多方面から専門的な治療や支援を行なっています。

ポリシー

地域にお住いの方が安心して消化器がん治療を受けていただくことを第一に考え、診療内容の充実、サービス向上に努めます。
多職種が患者さんを中心としたチームとなり、患者さんの意思決定を支援し尊重します。

特徴

消化器内科と消化器外科が一つのチームとなり、連携をとることで患者さんにとってより良い治療の提案を迅速に行うことが可能となりました。
医師(内科、外科)、看護師、薬剤師、栄養士、理学療法士、医療相談員などが各々の領域でのプロフェッショナルとして、患者さんの抱える様々な問題に対し多方面からアプローチしています。
大規模病院にはない距離の近さを生かして多職種が患者さんの情報を共有し患者さんとともに共通の目標を目指し治療やケアを行なっています。
また、京都府立医大消化器外科大辻教授、消化器内科小西准教授に定期的に難症例の治療相談をするなど基幹病院とも連携をとっています。
病診連携を進めホームドクターとも連携をとりあって地域での消化器がん治療の中核としての役割を担っています。

検査

がん診断のための上部、下部消化管内視鏡検査や内視鏡的逆行性胆膵管造影検査(ERCP)を行っています。
また病期(ステージ)診断のために放射線科と連携をとりながらCT検査など各種画像検査を施行しています。
新病棟の開設とともに内視鏡検査は同時に稼働可能な台数が倍になり透視室、処置室、面談室などを含めた内視鏡エリアとして生まれ変わりました。
CTやMRIなどの画像設備も一新しておりこれまで以上に正確な診断が期待できます。

治療

内視鏡治療として消化管早期癌や境界病変の治療に内視鏡的粘膜切除術(EMR)・ポリープ切除術および近年脚光を浴びている粘膜下層剥離術(ESD)、消化管や胆管の悪性狭窄に内視鏡的ステント留置術などを施行しています。
手術はより体に負担の少ない腹腔鏡下手術を大腸癌ではほぼ全ての症例に、胃癌では早期癌症例を中心に行なっています。
症状緩和のための腫瘍切除や人工肛門造設、バイパス手術なども腹腔鏡で行うことが増えています。
がんの治療では根治性と機能温存のバランスをとることが重要です。
我々はガイドラインを参考にしながら外科内科の垣根を超えて個々の症例に合わせて適したと考えられる治療の選択肢を提示して十分説明し理解していただくとともに患者さんの生き方、考え方に合わせ治療方針を決定するようにしています。
開発が進み効果が期待できるとともに多様化、複雑化する化学療法(抗がん剤治療)に関しても専門知識をもつスタッフが患者さんをサポートしつつ行なっています。
また、がんと診断された時から身体的な症状だけでなく不安などの苦痛を取り除く緩和治療の重要性が以前から言われています。
当院でははじめから様々な苦痛を取り除くようチームで働きかけ患者さんらしい生き方ができるよう支援しています。