平成30年度 田辺中央病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 496 113 98 169 211 208 415 792 809 316
平成30年度に退院した3,627人の年齢分布です。
当院は、地元の急性期医療を必要とする患者様を受け入れている地域中核病院です。地域の高齢化に伴い、70歳以上の患者様の割合は全体の53%となっております。
また、安心して出産・子育てが出来るよう、医療面から子育て世代を支えるために、産科・小児科診療に各専門医が24時間体制で診療を担当していることから、新生児・乳幼児の件数が多い傾向にあります。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 71 22.44 20.92 18.31 86.41
100380xxxxxxxxx 体液量減少症 34 16.15 9.12 26.47 77.03
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 19 16.84 12.58 5.26 82.11
030400xx99xxxx 前庭機能障害 17 3.88 5.10 0.00 73.53
0400801499x002 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 12 14.67 15.17 25.00 83.83
内科では高齢者の入院が多いことを反映して、誤嚥性肺炎・体液量減少症(脱水症)・尿路感染症による入院が多くなっているのが特徴です。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 37 2.00 2.67 0.00 64.19
060380xxxxx0xx ウイルス性腸炎 34 7.62 5.42 5.88 61.29
060335xx99x00x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 22 11.95 10.72 4.55 78.09
060140xx97x00x 胃十二指腸潰瘍、胃憩室症、幽門狭窄(穿孔を伴わないもの) 20 9.80 10.58 5.00 70.10
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 17 8.94 8.95 5.88 69.76
消化器内科では大腸ポリープに対する内視鏡的治療目的の入院件数が多く、ウイルス性腸炎の件数は昨年度より増加しております。

循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患(経皮的冠動脈形成術等手術あり) 86 3.90 4.47 3.49 73.69
050130xx99000x 心不全 68 16.03 17.66 13.24 83.00
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患(心臓カテーテル検査あり) 67 2.24 3.01 1.49 71.06
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 30 24.07 20.92 10.00 88.03
050130xx97000x 心不全(経皮的冠動脈ステント留置術等手術あり) 22 27.77 23.94 22.73 81.59
循環器内科では狭心症等の虚血性疾患での入院が多く、心臓カテーテル検査及び治療を主に行っています。
また、高齢化に伴う心不全の入院も非常に多くなってきております。
心臓のリハビリテーションにも力を入れております。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 93 8.23 6.17 0.00 0.00
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 56 5.38 6.19 0.00 0.80
080270xxxx1xxx 食物アレルギー 34 1.00 2.14 0.00 3.38
040070xxxxx0xx インフルエンザ、ウイルス肺炎 29 4.83 6.14 0.00 2.03
040100xxxxx00x 喘息 29 4.97 6.62 0.00 2.48
小児科では、肺炎・急性気管支炎などの呼吸器感染症の件数が多くなっています。
当院はNICUを有し、新生児に対する治療も行っています。
また、食物アレルギー・低身長などの検査入院も積極的に行っています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) 42 4.76 4.96 7.76 71.07
090010xx01x0xx 乳房の悪性腫瘍(乳房部分切除術あり) 30 5.17 10.59 0.00 58.37
060150xx03xxxx 虫垂炎(虫垂切除術あり) 27 3.93 5.49 0.00 36.89
060150xx02xxxx 虫垂炎(膿瘍を伴う・虫垂切除術あり) 13 7.46 9.94 0.00 48.69
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 12 10.75 7.30 0.00 61.83
外科では、鼠径ヘルニアの入院件数が多くなっています。腹腔鏡を用いた侵襲の少ない手術を多数行っております。
また、消化器系の癌での手術症例も消化器内科医の診断後、適切な治療方法を実施できるように体制を整えています。
乳腺外科では、乳腺の悪性腫瘍手術も実施しております。当院では、全国平均より短い入院期間(約5日間)となっています。
また、がんの化学療法は専門の部屋で主として外来通院で行っています。

整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 114 23.19 26.30 79.82 82.21
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 53 18.55 19.61 83.02 81.42
160760xx97xxxx 前腕の骨折 28 6.04 5.68 3.57 57.32
160700xx97xx0x 鎖骨・肩甲骨の骨折 25 12.28 6.07 0.00 57.80
160980xx99x0xx 骨盤損傷 25 14.44 19.32 64.00 73.08
整形外科では、股関節・胸腰椎の骨折が多く全体的に高齢者が多くなっております。また、種々の外傷の治療とともに、脊柱管狭窄症などの脊椎疾患や変形性膝関節症・肩腱板損傷などの関節疾患の治療も積極的に行っています。
質の高いリハビリテーションをマンツーマンで実施し、早期に日常生活に復帰して頂けるよう取り組んでいます。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070010xx010x0x 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) - - 5.59 - -
070085xx97xxxx 滑膜炎、腱鞘炎、軟骨などの炎症(上肢以外) - - 13.48 - -
080150xx97xxxx 爪の疾患 - - 5.13 - -
140140xxxxxxxx 口蓋・口唇先天性疾患 - - 9.46 - -
140210xx01xxxx 先天性耳瘻孔、副耳 - - 3.69 - -
形成外科では、いろいろな部位にある軟部腫瘍の手術の症例が多く、その他にも先天性の疾患など幅広く治療を行っています。

※集計結果が10件未満の場合「-」で表示しています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷(手術なし) 30 6.83 7.35 6.67 49.07
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満)(エダラボンあり・Rankin Scale0~2) 28 17.29 16.18 42.86 69.96
010040x099000x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 25 23.92 18.72 52.00 66.56
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷(縫合等手術あり) 23 13.83 9.69 17.39 75.74
010060x2990201 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満)(リハビリテーションあり・Rankin Scale0~2) 16 19.69 16.16 50.00 74.06
脳神経外科では、脳卒中と頭部外傷の入院が多くなっています。
脳梗塞発症3~4時間で来院された患者様には、血栓溶解療法、血栓除去カテーテル治療を積極的に実施しています。
脳保護療法として活性酸素除去剤(エダラボン)を用いて、脳梗塞によるダメージを軽減し、またチーム医療体制のもと早期リハビリテーションを行い、社会復帰にかかる期間の短縮を図っています。

産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120260xx01xxxx 分娩の異常(帝王切開術あり) 46 9.26 9.63 0.00 35.30
120180xx01xxxx 胎児及び胎児附属器の異常(帝王切開術あり) 25 10.24 9.70 0.00 32.52
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 13 7.62 6.28 0.00 37.46
12002xxx02x0xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍 10 3.20 3.20 0.00 38.10
120180xx99xxxx 胎児及び胎児附属物の異常(手術なし) - - 6.52 - -
産科では、休日夜間の診察・分娩にも対応し、小児科・NICUを備えているため、帝王切開での分娩時、小児科医の立ち合いやその後の新生児治療も可能であることから、より安心して出産・子育てができる体制が整っています。
婦人科では、卵巣腫瘍・卵巣のう腫・子宮筋腫の症例が多く、腹腔鏡下手術をはじめとする低侵襲な術式による手術を目指しています。

※集計結果が10件未満の場合「-」で表示しています。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 45 2.00 2.84 0.00 75.02
眼科では、白内障に対する水晶体再建術の症例を主に行っています。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080010xxxx0xxx 膿皮症 - - 12.51 - -
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 - - 8.98 - -
161000x101x0xx 熱傷・化学熱傷・凍傷・電撃傷(Burn Index10未満) - - 37.66 - -
070395xx971xxx 壊死性筋膜炎 - - 60.74 - -
100100xx97x0xx 糖尿病足病変 - - 23.88 - -
皮膚科では、膿皮症(蜂窩織炎)・帯状疱疹での入院症例が多くなっています。
熱傷に対しては形成外科と連携して植皮術なども行っています。

※集計結果が10件未満の場合「-」で表示しています。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110080xx991x0x 前立腺の悪性腫瘍 40 2.00 2.53 0.00 71.50
110200xx02xxxx 前立腺肥大症等 29 6.93 8.65 0.00 74.52
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 29 12.45 12.58 6.90 78.41
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 26 4.62 5.62 0.00 58.69
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 14 6.36 7.20 0.00 78.86
泌尿器科では、前立腺癌の疑いに対する前立腺生検法の症例件数が多くなっています。
また、低侵襲で負担の少ない経尿道的手術を中心とした種々の手術症例疾患に対応しています。
人工透析内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 - - 12.05 - -
110280xx99010x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全(人工透析あり) - - 14.21 - -
050130xx99000x 心不全 - - 17.66 - -
100070xx99x000 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。)(85歳未満) - - 11.05 - -
100070xx99x110 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。)(人工透析あり)(85歳未満) - - 15.51 - -
人工透析内科では、慢性腎臓病(CKD)の症例件数が多くなっています。
急性血液浄化や、透析導入、または維持透析患者様の合併症の治療のための入院加療を行っています。
また、腎不全の進行を1日でも遅らせることを目標とした、慢性腎臓病(CKD)教育入院も行っています。

※集計結果が10件未満の場合「-」で表示しています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 - - - - - - 1 8
大腸癌 10 - 15 - - - 1 8
乳癌 15 - - - - - 1 8
肺癌 - - - - - - 1 8
肝癌 - - - - - - 1 8
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
5大癌(胃癌・大腸癌・乳癌・肺癌・肝癌)について集計期間に入院治療を行った患者様の数を、初発のUICC病期分類別、および再発に分けて集計しています。UICC分類とは、UICC病期分類国際対がん連合によって定められた、①原発巣の大きさと進展度②所属リンパ節への転移状況③遠隔転移の有無の3つの要素によって各癌をⅠ期(早期)~Ⅳ期(末期)の4病期(Stage)に分類するものです。
癌の病期分類は、癌がどれくらい進行しているかという病期・進行度を意味し、Stage0からStageⅣまであり、最も進行しているのはStageⅣになります。
不明とはStageが特定できない場合です。
当院では、大腸癌・乳癌・胃癌の順に多くなっています。

※集計結果が10件未満の場合「-」で表示しています。

成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 11 7.18 45.45
中等症 51 14.22 80.61
重症 17 25.35 86.41
超重症 10 20.10 87.70
不明 - - -
成人の市中肺炎について重症度別に患者数、平均在院日数、平均年齢を集計したものです。
市中肺炎とは、普段の社会生活の中で発生する肺炎のことです。
重症度は市中肺炎ガイドラインによる重症度分類システム(A-DROPシステム)により分類しています。
当院では、中等度の患者数が最も多く、重症度が高くなるに従い、平均年齢が高くなる傾向にあります。

♢A-DROPシステム
1.男性70歳以上、女性75歳以上
2.BUN21mg/dl以上または脱水あり
3.SpO2 90%以下(PaO2 60Torr以下)
4.意識障害あり
5.収縮期血圧90mmhHg以下

♢重症度分類
軽症:上記5つのいずれも満たさない
中等症:上記1つまたは2つを有する
重症:上記3つを有する
超重症:上記4つまたは5つを有する(ただし「ショック」があれば1つでも超重症とする)
不明:1~5の項目のうち1つでも不明であったもの

※集計結果が10件未満の場合「-」で表示しています。



脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 103 25.97 76.26 42.48
その他 10 23.40 76.50 1.77
脳梗塞の治療では早期の治療が求められており、当院では緊急の患者様を受け入れることができる体制を確保しております。
この体制により迅速に治療を開始することができ、発症から3日以内の急性脳梗塞の患者様の割合が9割以上を占めております。
血栓溶解療法、カテーテルを用いて脳血管を広げる治療を行っております。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2㎝未満) 31 0.13 1.13 0.00 69.26
K654 内視鏡的消化管止血術 20 0.30 9.20 10.00 69.55
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2㎝以上) 10 0.00 1.00 0.00 54.90
K6871 内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみのもの) - - - - -
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 - - - - -
消化器内科では、大腸ポリープに対する内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術を最も多く行っています。
内視鏡的消化管止血術は下血や吐血に対し、内視鏡を用いて患部を止血する手術です。
内視鏡的乳頭切開術は内視鏡を十二指腸まで挿入し、膵管・胆管の出口を切開し、炎症などで生じる胆管狭窄を改善する手術です。
内視鏡的胆道ステント留置術は狭くなっている胆道にチューブを挿入し拡張することにより、胆汁の流れを良くする手術です。

※集計結果が10件未満の場合「-」で表示しています。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 92 1.99 4.49 7.61 74.32
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 37 0.32 4.57 5.41 77.30
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 26 2.08 3.12 7.69 78.35
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞) 14 0.07 15.86 7.14 69.50
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症) 14 0.07 16.50 14.29 72.57
循環器内科では、カテーテルを使った手術を数多く行っています。
虚血性心疾患(狭心症・心筋梗塞)に対する冠動脈インターベンション治療手術が特に多く、
下肢動脈、透析シャントに対する冠動脈以外の血管も含め、数多くのカテーテル治療を行っています。
また、除脈性不整脈に対するペースメーカー治療も行っています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 35 1.14 2.57 2.86 71.46
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 28 0.21 2.79 0.00 35.71
K4764 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴う)) 25 1.00 3.04 0.00 57.16
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 25 3.08 6.64 0.00 66.04
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 15 3.13 11.80 0.00 75.53
外科では、腹腔鏡を用いた手術を積極的に行い、入院期間の短縮を図っています。
最も多かったのが、腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術で次いで腹腔鏡下虫垂切除術となっています。
乳癌手術症例は増加傾向にあります。(前年度19件・今年度36件)

整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨、上腕、大腿) 68 1.72 20.41 72.06 79.79
K0462 骨折観血的手術(前腕、下腿、手舟状骨) 41 1.83 11.85 12.20 53.93
K0731 関節内骨折観血的手術(肩、股、膝、肘) 35 1.46 15.74 57.14 65.66
K0811 人工骨頭挿入術(肩、股) 35 3.37 20.86 77.14 82.63
K0821 人工関節置換術(肩、股、膝) 29 1.90 22.00 27.59 77.52
整形外科では、大腿骨近位部骨折に対する手術が全体の3割近くを占めています。
また、股関節・膝関節の人工関節置換術、脊椎手術や肩、肘、膝、足関節の鏡視下手術を積極的に行っています。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 22 0.18 18.41 13.64 77.77
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) - - - - -
K178-4 経皮的脳血栓回収術 - - - - -
K6092 動脈血栓内膜摘出術(内頸動脈) - - - - -
K1781 脳血管内手術(1箇所) - - - - -
脳神経外科では、慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術の件数が多くなっています。慢性硬膜下血腫という脳の外側に血が溜まる病気に対して行います。
その他、くも膜下出血の原因となる脳動脈瘤に対して行う血管内手術も増加傾向にあります。動脈瘤の破裂を起こさないように血管の中から、特殊なコイルを動脈瘤の中に詰める手術です。また、急性期脳梗塞に対しては、血管内手術による血栓除去術も行っています。

※集計結果が10件未満の場合「-」で表示しています。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 60 2.85 7.73 0.00 34.53
K8981 帝王切開術(緊急帝王切開) 21 1.19 8.10 0.00 32.52
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡) 16 0.75 6.00 0.00 39.19
K9091イ 流産手術(妊娠11週まで)(手動真空吸引法) 14 0.07 0.07 0.00 34.86
K867 子宮頸部(膣部)切除術 - - - - -
産婦人科では、帝王切開の手術症例が一番多くなっています。
卵巣腫瘍・卵巣のう腫に対する子宮附属器腫瘍摘出術の症例や稽留流産に対する流産手術の症例も多くなっています。
卵巣腫瘍や子宮筋腫などの良性腫瘍では、腹腔鏡下での手術を多く行っています。

※集計結果が10件未満の場合「-」で表示しています。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 45 0.00 1.00 0.00 75.02
眼科では、高齢者の方に多い白内障に対する水晶体再建術を中心に行っています。

泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K841-22 経尿道的レーザー前立腺切除術(その他) 29 0.83 5.10 0.00 74.52
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 26 0.62 3.00 0.00 58.69
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用のもの) 14 1.29 4.07 0.00 78.86
K836 停留精巣固定術 - - - - -
K7981 膀胱結石、異物摘出術(経尿道的手術) - - - - -
泌尿器科では、前立腺肥大症に対する前立腺切除術が多くなっており、尿路結石除去術、膀胱癌の手術の順となっています。
当院では主に経尿道的手術を行っています。経尿道的手術は開腹手術に比べ患者様の身体的負担(侵襲)が少ない手術です。
尿管ステント留置術は、尿管が結石や腫瘍等で狭窄している状態を改善する時に行います。

※集計結果が10件未満の場合「-」で表示しています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 10 0.28
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 46 1.27
異なる - -
医療の質の改善に資するため、臨床上ゼロにはなり得ないものの少しでも改善すべきものとして定義される、「播種性血管内凝固症候群」「敗血症」「その他の真菌感染症」「手術・処置等の合併症」について集計したものです。
ここに示している症例数で「入院契機と同一」とは、入院した時に診断されている件数であり、「入院契機と異なる」とは、入院した時に別の病気で入院したが、その後に上記の疾患が生じ、本来の病気の治療よりも上記の疾患の治療に時間を要する場合を示しています。

敗血症はさまざまな感染症などから全身・血液内に病原体が入り、重篤な症状を引き起こす疾患です。
手術・処置等の合併症は主に、人工透析のシャント狭窄(38件)です。

※集計結果が10件未満の場合「-」で表示しています。
 
更新履歴
2019/9/30
平成30年度分病院指標を公開。